「黒い食べ物」を選ぶとよいかも

黒ゴマや海藻、黒豆など、意外と黒い食べ物ってある気がします。
この黒い食べ物は健康、それから美容にもいい、とされています。

さらに、これだけではなくて、女性ホルモンを増やすパワーも秘めているそうなんです。

この、黒い食べ物には、いったいどんな特徴があるのでしょうか?

黒い食べ物に反対のものとして、思いつくのが、白い食べ物。
白い食品、というと、食パンやごはん、生クリームやマヨネーズなどがあります。
これらの食べ物は、脂質、そして糖質が多くて、生活習慣病や、太りやすくなってしまう可能性が高まります。

これだけではなく、肌にも悪影響がある可能性があって、ターンオーバーが低くなってしまい、そのせいでしみが増えたり、肌が乾燥したり、ハリがなくなってしまう、といったことさえ起こるかもしれないそうです。

それに対して、黒い食べ物のほうは、その多くに「アントンシアニン」というその黒い色のもとになっている色素が含まれています。
このアントンシアニンは、ポリフェノールの一種で、とても高い抗酸化作用があって、老化の原因のひとつと考えられている、活性酸素が発生するのを抑えてくれる働きを持っているそうです。

それに加え、コラーゲンを作る時に、それを助けてくれる作用も持っているようで、肌のきめが整って、さらに肌が乾燥することも予防する効果も期待できるようなんです。

黒い食べ物って、こんなにも優れた力を持っていたとは、今まで知りませんでした。

さらに、黒い食べ物には、ホルモンのバランスが整っている状態を作ってくれる働きもあるそうです。

今までは、特に黒い食べ物について意識したことはなかったんですが、これを知った今からは、意識して食べてみようかな、と考えています。


記事一覧にもどる